Loading

ブログ

市政報告第4号(平成25年3月発行)

平成25年度の施政方針が発表されました

平成25年2月21日の市議会3月定例会において、本郷谷市長が平成25年度施政方針演説を行いました。
また、山根教育長より平成25年度の教育施政方針が発表されました。
今回の市政報告では、この概要をお伝えします。

基本的な考え方

松戸市は、25年4月1日に「市制施行70周年」を迎える。
この先人たちの功績にあらためて感謝し、未来へのさらなる発展に願いを込めて、新年度の各種事業に「市制施行70周年」の文字を冠して、市民の皆さまとともにお祝いしていきたい。
こうした機会を活かし市民の皆さまには70周年を契機に、より松戸の街への愛着を深めていただくことを願っています。そして、市長がこれまで提唱してきた「子育て、教育、文化を軸とした都市ブランドづくり」「人と人とのつながりを大切にするまち」をさまざまな形で具現化していきたい。
そのため、4月には12年度に導入した本部制を13年ぶりに廃止し、フラットな部制に改組し、多様化する行政課題を効率的に解決できるよう市民サービスの向上を図っていく。
25年度は、松戸市総合計画後期基本計画、第4次実施計画の最終年度であり、「市民が主役の魅力あるまつど」の実現に向けて、残された課題や計画した事業に全力で取り組んでいく所存です。

総合計画の「施策の大綱」に沿った新年度の主な施策(一部抜粋)

  • 連携型地域社会の形成
    ・松戸駅構内の行政サービスセンターの開庁日を7月より平日・土曜日に加え第2・4日曜日に拡大
    ・65歳以上の高齢者が運転免許証を自主返納した場合に、住民基本台帳カードを無料交付
  • 次世代を育む文化・教育環境の創造
    ・千駄堀スポーツ広場を多目的スポーツ広場として整備・まつど宇宙と科学の日記念イベントを開催
  • 魅力ある都市空間の形成と産業の振興
    ・都市計画道路(八ヶ崎~二ツ木、東松戸~松戸方面)の整備
    ・市内全域の道路照明灯を対象にLED化
    ・六実駅周辺および北小金駅南口周辺地域の地区マスタープランの策定
    ・安全な水を安定的に供給するための石綿管更新・松戸市公園再整備ガイドラインを策定
  • 豊かな人生を支える福祉社会の実現
    ・地域における相談支援の拠点として、ワンストップの総合相談を担う基幹相談支援センターを設置
    ・第2次松戸市障害者計画がスタート
    ・生活保護受給者の就労実現の支援強化
    ・地域包括支援センターを増設し、地域包括ケアシステムを構築
    ・医療機器の更新やドクターカーの運用を開始・新病院の建設について実施設計・施工一括発注を公募型プロポーザル方式により実施
  • 安全で快適な生活環境の実現
    ・千葉北西部消防指令センターが本市消防局内に設置され、6市による指令業務の共同運用を開始
    ・里やまに親しむイベントとして、樹林地を一般開放する「オープンフォレストin 松戸」を、5月に開催
  • 都市経営の視点に立った行財政運営
    ・市民サービスを向上させるため、全庁的な組織改革を実施
    ・公共施設白書を活用し、公共施設の今後のあり方を検討するための準備を開始
    ・学校跡地は民間活力を活用し「新松戸地域学校跡地有効活用事業」を実施
    ・広報については、子育て世代をターゲットとした新たなシティプロモーションを展開

平成25年度 松戸市当初予算

  • 一般会計予算
    ・平成24年度と同様の1,278億3千万円を計上
  • 歳入
    ・徐々に回復の兆しが見えてきていることから下げ止まり感がうかがえ、市税は1.4%増を見込み計上
  • 歳出
    ・民生費が3.6%増加し、構成割合は 46.3%と最も大きく、次いで衛生費が11.9%、教育費の9.4%
    ・主なものとして、民生費では子ども医療費助成費、民間保育所の建設費補助金、介護保険特別会計繰出金の増額を計上
    ・衛生費では、和名ケ谷クリーンセンター基幹整備費など、教育費では、小・中学校大規模改造耐震改修事業などを計上

平成25年度 教育施政方針

  • 社会教育の重点
    ・家庭ならびに地域の教育力の向上―家庭教育推進チームの問題解決力の向上
    ・生涯学習の機会と場を提供する情報空間の整備―ICTを活用した学習機会や内容の充実
    ・豊かな文化芸術の振興―「まつど宇宙と科学の日」を記念したイベントの開催
    ・市民スポーツ活動の振興―松戸市政施行70周年記念七草マラソン大会
  • 学校教育の重点
    ・「できるからやる」「やるからできる」学習サイクルの推進―教育課程や学修指導の工夫・改善
    ・言語活用課を軸にした小中一貫カリキュラムの促進―教育課程特例校の強みを生かした英語学習の充実
    ・子どもの成長・自立を図る特別支援教育の推進―特別支援教育校内支援体制の充実
    ・「いじめ」「不登校」「体罰」などの解消に向けた取り組みの推進―教育相談と適応指導の充実
    ・学力を下支えする安全・安心な学校づくりの推進―校務の合理化と事務改善の推進
    ・個性や才能を伸ばす魅力ある市立高校の創造―市内小中学校との連携と教育センター機能の充実

以上、詳細は「松戸市公式ホームページ」または「広報まつど(平成25年3月15日号)」にてご確認ください。

 

関連記事

  1. 市政報告第3号(平成24年6月発行)
  2. 市政報告第9号(平成30年3月発行)
  3. 号外(平成26年10月発行)
  4. 市政報告第1号(平成23年3月発行)
  5. 市政報告第5号(平成26年5月発行)
  6. 市政報告第8号(平成29年6月発行)
  7. 市政報告第2号(平成23年7月発行)
  8. 市政報告第7号(平成29年2月発行)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP